女性が大事な場面で着る第一礼装の着物

女性の着もの姿は上品で美しくて、見ていても優雅で雅です。中々着る機会が無いのが着物ですが、まず第一礼装は押さえておきたいです。
未婚の女性の第一礼装は振袖です。成人式や卒業式、結婚式のお色直し、友人・親戚の披露宴や、結納を交わすとき、お見合いの席などに
着ます。重要な場面場面で着るので、レンタルでも良いので是非振袖を着せてほしいです。若い人は着物の事はよくわかりません。お母さんの
出番です。是非、主導権を取って娘さんへ振袖を着せてあげましょう。その経験が教育となって、今度娘さんが結婚されて娘さんを育てるとき
きっとお母さんが振袖を着せてくれたことを思い出して、今度は自分が娘に振袖を着せてやろうと子育てなど頑張ってくれると思うのです。

既婚の女性の第一礼装は留袖になります。息子、娘の結婚式は母親は留袖を着るのが一般的です。黒地に絵羽の裾模様がついて、
5つの紋を付けます。甥御さんや姪御さんの結婚式にも着ます。仲人をされる方も黒留袖を着ます。黒留袖は既婚の女性の一番の装いとして
無くてはならないものです。

不祝儀には第一礼装の黒紋付きを喪服としてきます。模様の無い黒地のきもので、黒共帯を締め、帯揚げ帯締めの小物も黒を使います。身内の
お通夜、葬式には喪服を着るのが一般的です。

着物の第一礼装は女性には無くてはならないものなので、いざという時に慌てないように普段から心がけておきたいものです。