成人式で着た日本らしい雰囲気が素敵な着物

私は成人式で、着物を着ました。
着物を着る機会というのはとても少なく、着付けなどもしっかり行うことから、着物は着るだけで大変なものだなと思いました。
実際に着物を着てみていつもより慎重に歩かなければならなかったり、生活の中でもいつもと違うことから色々と大変なことがありました。
着物は着付けをするのも大変ですが、着崩れてしまうと自分では上手に直せないので、いつも以上に姿勢に気を遣ったり、歩く時にも気をつけたりしました。
着物を着て鏡で見たり写真を撮ったりして、やっぱり着物は日本らしい雰囲気があって良いなと思いました。
私が選んだ着物の色は緑色で、なかなか他の人と被らないところも気に入っていました。
着物は一度買ってしまえば、一生ものとして使えるものだと思います。
着物にも流行はありますが、やはり良いものというのは時代とはあまり関係ないように感じています。
成人式の時は私は着物をレンタルしましたが、着物を着る機会はこれからの将来で何度かあるように思うので、いずれは着物を購入したいと思っています。 着物は女性にとって憧れの存在であり素敵なものだと思うので、成人式などで着物を着る日本の伝統はこれからもなくならずに残り続けて欲しいです。